生きやすさを追求するブログ

生きづらさを抱えてきた20代女性の自己満足ブログ 将来はフリーランスとして働きたい

☆相席バーに行ってきた話

飲み歩きシリーズ?第3弾

数年前から都会の方では人気が出ている相席バー、相席居酒屋、相席カフェに行ったときの話を書く。

相席屋は基本的に男性は課金制、女性は完全無料だ。そのため当然ながら女性の比率が高い。しかも本当にタダ酒目的でしかない女性もいる。

今回は私がこれまで8回相席屋に行った感想を綴る。

相席屋は入店時にまず相席したい相手の年齢層を指定する。私は年上が好きなので20代後半~30代前半を指定した。

混雑状態にもよるが、だいたい週末はすぐに相席になってしまう。ちなみに、男性が少ないと相席するまでお酒飲み放題なのでタダ酒目的の女性は多い。きっと。

相席屋に来る男性はある程度3つのタイプに分けられる。

1 ワンチャン目的で来る人
いわゆるお持ち帰り目的だ。相席屋は女性も男性も基本的には飲み放題なのでテキーラショットをガンガン飲ませてもお財布に優しい。女性が酔ってしまえば男性の思うつぼだ。ちなみに友人はこの手法で見事に持ち帰られた...

2 キャバクラ感覚で利用する人
男女隣で座るように指示されるような相席屋も多いので、実質素人のキャバクラみたいなものだ。単純に女性と飲みたい男性にとっては安上がりなので良いのではないだろうか。

3 好奇心で来る人
こういう人は実は結構多い。相席屋は路上でキャッチをしているのでそれに引っ掛かかって来てしまう男性出張客はかなり多い。まだまだ都会にしかない営業形態なので好奇心を持つのも無理はないだろう。

正直言って、相席屋に真剣に出会い探しにきてる人はほぼいないと思う。まだ真面目な出会い系アプリの方が頼れそうだ。
やはりお酒の場なのでここで恋人を探してはいけない。せいぜい友達くらいか...

☆女性だけでメイドカフェに行った話

以前ホストクラブに一緒に行った友人と
今度はメイドカフェに行ってみた。

メイドカフェといってもお酒を提供しているし、お客さんはほぼ男性というガールズバーみたいなメイドカフェだ(?)

そのメイドカフェはとあるビルの7階にあった...入りづらかった...

中に入ると猫耳カチューシャをつけてメイド服を着た可愛いメイド達がカウンター越しに男性と会話している。
「お帰りなさいませ~!」
可愛いメイドさんが笑顔で出迎えてくれた。
ドリンクを注文するとメイドさんがカウンターについてくれた。とりあえず瓶ビールを頼んだ。

女性のお客さんはかなり珍しいという。相当嬉しかったようでメイドさんのテンションが高かった。
今なにが欲しいか、というような女子っぽい会話をしていたら1時間あっという間に過ぎてしまった。

チェキも撮れるらしいが、今回は我慢した。次は撮りたい...!

帰りは「いってらっしゃいませ~お嬢様!」と言われ思わずニヤけてしまった。

可愛い女の子が好きなのは男女関係無いので
メイドカフェを楽しむ女性が増えれば良いと思っている。

☆ホストに行ってきた話

ではさっそくネタ記事を公開していくことにする。

皆さんはホストクラブに行ったことがあるだろうか?
ホストクラブというのは派手なコールやシャンパンタワーで大金が吸いとられるというイメージを持つ人も多いと思う。
しかし、初回は飲み放題1000円というホストクラブはかなり多いので、初回だけは行ったことがあるという人はいるのではないだろうか。

数ヶ月前、友人と飲み会帰りにホストのキャッチに捕まってみた。もちろん初回1000円飲み放題に惹かれて...
それに、当初私もラウンジで働いていたので"お酒で異性にもてなされる"とはどういう感覚なのか体験してみたかったのである。

キャバクラやガールズバーが入っているビルの5階にそのホストクラブはあった。最近移転リニューアルしたという。

扉を開けると、まずはカウンターが目に入った。比較的暗めの店内にほのかに漂う男モノの香水の匂い。まだお客は一人もいない。ボックス席に腰掛けるとメニュー表を渡された。
初回は1時間飲み放題1000円。ホストのドリンクは別。
鏡月の水割りを頼み、乾杯した。
まずは3人のホストが席についてくれた。
一人一人自己紹介し、名刺を渡してくれる。名刺のデザインが凝っていて、それだけでも感心した。
そんな感じで9人ほどホストが自己紹介したあと、誰かを指名するように言われた。
???まだ全然話してないのに指名だと?
とりあえず名刺のデザインが良かったホストを選んだ(笑)
指名したホストが隣に座ってくれる。
歳は20歳。まだホストになって1ヶ月ほどらしい。
そして地元が同じだということが判明した。
会話の最中にラインを交換した。ホストは連絡先交換が必須みたいだ。

初めてのホストは意外と楽しく、ザルの私でも気づけば鏡月2本(大ボトル)を空けてべろべろに酔ってしまった(!)
一緒に行っていた友達はほとんど飲まなかったので酔った私をタクシーで送ってくれたらしい。

もしホストに興味がある人は是非初回に行って欲しい。一回きりでも楽しめる。

ちなみに私はこの日、ホストクラブに忘れ物をしたので(指名したホストがラインで教えてくれた)後日一人でホストクラブをエンジョイした。

ブログ運営者について

ブログを運営するにあたって
最低限のプロフィールは載せておく。
といっても、特定されるのは嫌なので細かいことは伏せさせて欲しい。

20代
大卒
独身
毒親育ち
うつ病経験者
酒好き(重要!!)

これくらいの情報があれば充分だろう。
毒親育ち、うつ病経験者というマイナスな要素を入れたのはこれらが私の人格、考え方に大きな影響を及ぼしているからだ。

とは言っても、毒親を受け入れうつ病からも回復しているのでネガティブな投稿はあまりしない。基本的には明るい、むしろネタになる記事を書いていくつもり。

記念すべき初投稿

最近ブログ運営が流行っている、と巷で聞いたので私も始めてみることにする。

高校時代はモバスペというホームページ制作サイトでブログを運営していたが、そこでは特定の友人に向けて文章を書いていた。
しかし今回は、はてなブログという、不特定多数が閲覧出来るサイトでブログを開設するということで、これまでとはモチベーションが全く異なる。

このブログを通して自分が日々思うことを他人と共有したい。 
身近な人に話すよりも顔の見えない相手に話す方が気が楽なこともあるのだ。